就職は「学生のための就職ナビ」の内定辞退

内定を辞退する場合の注意点

就職活動を行う期間は限られていますので、割と短期間に複数の会社を受けることになります。その結果、複数の会社から内定をもらうこともあります。一社からの内定であれば、その会社に入社すればいいのですが、複数の会社から内定をもらえば、どれか一社に絞る必要があります。そして、その一社以外には、内定辞退の連絡をする必要があります。面接の時には、「御社が第一志望です!」と言っているはずですので、内定を辞退するということは、嘘を言っていたことになります。その点を考えれば、内定辞退はとてもいいにくいことですが、放置するわけにはいきませんので、社会人としての応対をする必要があります。まずは、担当者に内定辞退の電話連絡をします。そして、手紙を送るようにします。ここで大切なのは、事務的に伝えるのではなく、申し訳ないという気持ちを伝えることです。会社としても、学生が複数の企業を受けているのは知っていますので、内定辞退も想定しています。そうであっても、面接で話したことと違う態度を取っているわけですので、謝罪の気持ちを伝えることが大切です。ここでいい加減な対応をしてしまえば、社会人として失格ですし、どんなことで内定を辞退した会社と関わりがあるかもわかりませんので、しっかり気持ちを伝えることが必要です。こうした対応ができれば、社会人としての第一歩を踏み出せたと言えるでしょう。悪いことを伝える時ほど大切なのです。

コールセンターで働こうでコールセンターについて知る