就職は「学生のための就職ナビ」の入社準備

入社に向けての準備の心得

内定をもらうことができれば、就職活動は終了になります。早い学生は、4回生になって早々に内定を決めることになります。逆に遅い学生は、4回生の終盤になっても内定をもらえない状況になっているはずです。これらは、学生によって差があるのですが、志望する会社から内定がもらえれば、入社までの期間は入社準備期間と考える必要があります。内定を早々に決めた学生は、優越感に浸っていることが多いです。周りもそういった目でチヤホヤされますので、浮かれてしまうこともあるようです。それで気を抜いて、入社までの準備を怠ってしまえば、入社後に苦労することになります。大学受験は、大学に合格することに最大の焦点が置かれますが、就職活動は違います。入社試験を突破して入社することは大切なのですが、入社後にどれだけ会社に貢献できるかが最も大切なのです。この点を理解できていれば、早々に内定をもらったからこそ、人よりも入社までの準備をしなければならないことがわかるはずです。ギリギリに内定をもらった学生と同じであれば、会社からすれば「1年近く何をやっていたんだ?」と思われてしまいます。内定をもらった時点から、入社への準備が始まっているということです。もちろん、学生本来の勉強をして、アルバイトやサークル活動などの学生しかできないことをやる必要はありますが、それと同時に、入社への準備を進めなければならないということです。

http://www.stepon.co.jp/
住友不動産販売で不動産についてご紹介

神奈川のドラッグストアで働く!
マイナビ薬剤師の求人情報

「お給料」のページ
事務情報は事務の仕事ガイド