就職は「学生のための就職ナビ」の面接対策

面接対策のポイントは?

就職試験で一番大切なのは面接になります。エントリーシートから始まって、何度かの面接を経て一社の就職試験が終わるのですが、面接での比率が圧倒的に高くなります。筆記試験の結果が良くても、面接の評価が悪ければ内定を得ることはできません。しかし、筆記試験の結果が良くなくても、面接で良い評価をもらうことができれば、余裕で内定をもらうこともでできるのです。そのためには、面接の対策をしっかりしておく必要があります。ここで注意しなければならないのは、面接の対策をしすぎないことです。多くの学生は、自己PRや志望動機をしっかりと暗記して、それを復唱しようとします。そのための模擬面接を何度も実施して、そつがない答えができるように対策をしています。しかし、このような対策は逆効果になります。面接は、自分が暗記したことを復唱する場ではありません。面接担当者の質問に対して、コミュニケーションを取りながら答えるのが面接です。ここを勘違いしている学生が多いので、面接対策をすればするほど内定がもらえない悪循環に陥っているのです。面接の対策はほどほどにしておき、面接担当者が何を聞きたいのかをしっかり把握することが大切なのです。

ここを見て、無性に鍋が食べたくなってきました。