就職は「学生のための就職ナビ」の長所・短所

学生の性格を判断するために、長所と短所を聞かれることがあります。長所は自己PRにもなりますので、特に答えるのに問題はありません。ただし、長所を数多く答えるとマイナスになりますので、注意が必要です。長所が多ければプラスになるというわけではありません。もし、長所がたくさんあっても、代表的な長所を答えるだけで十分なのです。ここで大切なのは、短所をどう答えるかです。短所は自分の欠点でもありますので、人に言いやすいことではありません。その短所をいかに答えるかを面接担当者は見ようと思っているのです。ここで、「短所はありません」と答えてしまえば、その会社からは内定をもらうことはできないでしょう。短所がない人は存在しませんので、こう答える学生は、面接のポイントを稼ごうと思っているか、自己中心的な人材と判断されてしまうのです。ここで言う短所は、リカバリーできる短所である必要があります。短所を短所のまま放置せずに、短所を補うために何をしているのかをアピールするということです。このアピールができれば、短所が短所でなくなると同時に、自分をしっかり把握できていて、努力していることがアピールできるのです。

ネイルのことならネイルのお仕事