就職は「学生のための就職ナビ」の自己PR

自己PRの考え方とポイント

面接では、志望動機と並んで自己PRは絶対に聞かれる項目になります。文字通り、自分をPRすることですので、面接担当者に自分を売り込む最大のチャンスになります。自己PRをしっかりするためには、事前に自己分析をしておく必要があります。自己分析をしっかりしておき、自分のことを理解してから相手に自分のPRをすることが大切になります。ここで注意しなければならないのは、暗記した自己PRを復唱しないことです。あらかじめ自己分析をしておき、自己PRの内容を考えておく必要はありますが、すべてを丸暗記して復唱するのは避けるようにしなければなりません。面接は、面接担当者と学生の話し合いの場ですので、丸暗記したことを復唱する場でないのです。ここを勘違いしている学生が多いので、十分に注意する必要があります。自分では、完璧に自己PRができたと思っていても、暗記したことを復唱しているだけでは、面接担当者の印象は良くないのです。つまり、復唱すればするほどマイナスになってしまうということです。面接担当者との話の流れを察知して、自己PRといえども臨機応変な回答をする必要があるということです。ここに注意するだけで、面接の結果が違ってくるはずです。

この求人情報サイトなら渋谷のバイト情報がみつかる

販売のことなら本の仕事に携わる