就職は「学生のための就職ナビ」の人事面接

人事部による面接について

企業や業界によって面接の回数は異なりますが、3回前後の面接を行う企業が多いです。少なければ1回の企業もありますし、金融業界や証券業界などでは、7回も8回も面接を繰り返す企業があります。どんな企業の面接であっても、人事部の社員(職員)による面接が第一関門になります。ここを突破できなければ次の面接に進むことはできませんので、集中して面接に挑む必要があります。人事部による面接といっても、数多くの学生を面接している面接のプロです。小手先のテクニックは通用しませんし、ちょっとしたことで人を見抜く目を持った人たちです。役員面接などに比べれば、プレッシャーが少ないと言えなくもないのですが、相手が誰であっても、面接のプロであることに違いはありませんので、集中して面接に臨む必要があるのです。

通信講座は日本マンパワー
資格・検定の合格ノウハウをお教えします

歯科助手情報の歯科助手のお仕事
http://www.phrapradang.com/