就職は「学生のための就職ナビ」の役員面接

多くの会社では、何度かの面接を実施しています。会社や業界によって差はありますが、3回前後の面接をしている会社が多くなっています。最初は、人事部による面接があり、最後には会社の役員による面接が待っています。「役員面接」と呼ばれているのですが、役員面接が最終面接になっている企業が多いです。ただし、役員面接のあとに社長面接がある企業もありますが、ここでは同じ意味として考えます。会社の役員は、会社経営をする重要な人物です。人並みの力では会社の役員になることはできませんので、相当な実力者ということになります。その点を考えれば、萎縮してしまうかも知れませんが、学生にとっては、全員が手の届かない存在のはずです。つまり、人事部による面接でも、役員面接でも、良い意味でそれほど違いはないということです。

埼玉版の「看護師エリアナビ」でクリニックの求人情報を探す

財務のエキスパートになろうで財務について学習する
財務仕事の基本、役割のページはここ

「保育士」をおさがしでしたらこちらをCHECK

販売情報は販売のお仕事について知りたい!
販売のことならお任せ