就職は「学生のための就職ナビ」の履歴書を作る

履歴書を書くポイント

履歴書は、書類選考で一番大切な資料となりますので、ここでマイナスを得ないようにする必要があります。基本的なことですが、ていねいに書く必要があります。字が汚い学生は、特に気を付けて書く必要があります。また、癖のある字は担当者によって必要以上に敬遠されることがありますので、読みやすい字で書くことが大切になります。ここは、自分で判断するのではなく、第三者に見てもらって、見やすいかどうかを判断してもらうといいでしょう。そうして、できる限り見やすい履歴書を書けば、面接担当者にもその気持ちが伝わるはずです。こうした心がけは重要です。相手の立場に立った行動をしていると、面接でも自分では気が付かないうちに、その気持ちが出ますので、プラスになるということです。そして、履歴書は簡潔に書くことが重要になります。人と差を付けようと思って、あれこれと長々と書いてしまう学生がいるようですが、長ければいいというものではありませんし、びっしり埋まっていれば評価されるわけでもありません。面接担当者は、数多くの履歴書を見て判断します。その気持ちを考えれば、わかりやすく簡潔に書かれていた方が良いことがわかるはずです。